二の舞 を 踏む。 「二の舞を踏む」と「二の舞を演じる」の違いとは?分かりやすく解釈

ところで、この文章には誤りがあります。 の編集主幹だった見坊豪紀(けんぼう・ひでとし)も、すでに1960年代にはこの言い方に注目していました。

Next

「安摩」の舞に続いて「咲面」「腫面」という面をつけた二人が安摩の舞を真似てわざと失敗しながら演じる滑稽な舞のことを「二の舞」と言いました。

Next

意味 「二の舞を踏む」は 「にのまいをふむ」と読みます。

Next

正しくは、「二の舞を踏む」ではなく、「二の舞を演じる」です。 改善点をしっかり見出さないと、絶対に以前の事故の二の舞を演じることになってしまうよ。 読み方は「にのあしをふむ」です。

Next

まとめ 「二の舞を踏む」は 「二の舞を演じる」の誤用ですが、一般的に使われる様になっています。 この時計は機能性や値段は完璧だが、デザインを重視すると二の足を踏んでしまう。

Next

しかし、現代では轍というもの自体がイメージしにくくなっているため、「同じ」をつけて表現されることが多いようです。 「二の轍を踏む人々」「日本の二の轍を踏む現状では長期低迷は避けられない」などという使い方は、明らかな誤用です。

Next

音が同じため間違いやすい四字熟語「危機一髪」と「危機一発」ですが、「危機一発」は、実は誤用です。 『三国』は、今回の第六版で、「二の舞を踏む」を現代語として認めてよいと判断しました。