唐木 順 三。 唐木順三とは

あえてネタバレも冒した、ただし、要約編集の仕方を工夫した。 大手取次店の配本にもとづき、書店も図書館も十把一からげになっていく。 1987:• 1965: ・• 裸形の現実を見つめると、そこには無常が見える。

Next

この最後の章で、唐木は次の主題を見いだした。

Next

芭蕉が墓を近江にしたかった理由も納得できた。 柔道とキックボクシングとはまったく違うし、ボクシングと空手と合気道は、素手とグローブの差もあれば、組み方の違いもある。 隙間が数寄になったのだ。

Next

1961:• さうした評論の代表作が『現代史の試み』である。

Next

むしろ地味にほめたいものなのだ。 ついで唐木は、いったい数寄はディレッタンティズムなのかという問いをおこし、中世初期では数寄が「外形を極微のところまで壓縮した栄華」だったことをつきとめた。

Next

言語文化にいろいろな片寄りをつくったのです。 2009:• 黙って新聞や本を読むのは、もともとの言葉の呼吸リズムを無視して読むということで、「文字と目の直結」が呼吸という潜在力を度外視させているということなんです。

Next

お父さんが自宅で仕事をして、大きい姉さんが仕事場に出られず、弟が学校に行けず、早やめに小学校から帰ってきた末っ子が騒ぎ、いよいよ爺さんか婆さんが勝手な望みを言い出せば、母親は苛々するばかりだ。 1971: ・• 数年前からじりじり感じてきたことなのだが、気力と体力のセッサタクマの案配がめっきりおかしくなっていて、これは「別のエンジン」を急がせなくてはいかんのである。 この點、單純に過去へと囘歸した訣ではなく、飽くまで近代以降の批評家として、過去の事物に改めて位置を與へる複雜な作業を續けてゐた訣である。

Next

1968:• 2015:• 2013:• 1980:• 道元は数寄を捨てて曹洞宗をおこしたが、一休は同じく禅者でありながら、その数寄をぞんぶんに弄んだ。 1996:• 半年に1回のCTで見つかったので、1年に1回の検査では危なかったかもしれない。

Next