ドラム 式 洗濯 機 乾燥 機能。 驚愕!ドラム式洗濯機で丸5年乾燥機能を毎日使い続け、且つ1年半粉石鹸で洗濯し続けたらこうなった

第二回の疑問は「洗濯機はドラム式と縦型、どちらがいい?」。

Next

繊維の奥まで洗浄液が素早く浸透するため、落ちにくかった汚れもしっかり落とせるのだそう。 そんな公式に使ってはいけないとされている粉石鹸を使い続けた場合、洗濯機にはどんな影響が現れるのか。 もっとも、ひび・割れがあったら使用できてないと思いますが・・・。

Next

さすがに毎日使っていたら部品のひとつやふたつバカになっても仕方のないような気がします。 5kg)がラインアップされています。

3.裏に3箇所あるネジも外します。 確かにドラム式にはドラム式の良さはありますが、実はライフスタイルによっては縦型のほうが合っている人もいるのです。

Next

インバーターとはモーターの回転速度を制御する装置で、洗濯槽の動きもコントロールできるため、電気代や水道代、運転音を抑えられるのが特徴。 ふつう洗いよりすすぎと脱水の回数が減るため、電気代で20~50%、水道代で最大30%程度の節約になり、時間も10~30分の短縮に。 縦型洗濯乾燥機にも同様の洗濯コースを備える製品もありますが、電気代を考えると、このコースを頻繁に使うならドラム式を選んだほうがよさそうです。

価格はオープンプライス。 1.コンセントを外す• フィルター奥は、週一程度、排水溝用ブラシでぐるっと一周こすって汚れを落としています。 あとは、乾いた服を自動で片付けてくれたら…。