横行 闊歩。 【ダビマス】非凡な才能「横行闊歩」を使ってみた【カブトシロー1967】

「闊歩」の言葉の使い方 「闊歩」の言葉の使い方は、 「大股で堂々とゆったり歩いている時」や 「自信満々 威張った感じ で思うがままに行動している場合」に使うという使い方になります。 ゲートはなんとか閉じることができたが、そのときの爆発で皆は吹き飛ばされる。 若気の至りの思想の偏狭は恥づかしいが、しかし元気はあつた。

Next

「闊歩」という言葉は、 「堂々とした大股でゆっくりと歩く歩き方」だけではなく、 「自信に満ちて思うがままに行動すること・威張ってわがままに行動すること」を意味する場合にも使うことができるのです。

Next

… 出口王仁三郎『三鏡 『水鏡』『月鏡』『玉鏡』 kgm 2 20060303』 より引用• 「帰んな、お嬢さん」っていう のは、たぶんヴァルガーヴにとって、ちょっとした優しさだったのかもしれない。 【天空】は、空が晴れ渡りどこまでも広いことです。 オファレルが犯人でないことは明かとなったが、しからば以上三回の犯罪を行った本人は誰であるか。

Next

迂疎闊略 うそかつりゃく 迂疎空闊 うそくうかつ 英邁闊達 えいまいかったつ 英明闊達 えいめいかったつ 英朗闊達 えいろうかったつ 横行闊歩 おうこうかっぽ 海闊天空 かいかつてんくう 海闊天高 かいかつてんこう 闊達豪放 かったつごうほう 闊達自在 かったつじざい 闊達自由 かったつじゆう 闊達無礙 かったつむげ 闊達明朗 かったつめいろう 昂首闊歩 こうしゅかっぽ 高談闊歩 こうだんかっぽ 高談闊論 こうだんかつろん 高邁闊達 こうまいかったつ 豪放闊達 ごうほうかったつ 死生契闊 しせいけっかつ 自由闊達 じゆうかったつ 天空海闊 てんくうかいかつ 明快闊達 めいかいかったつ 明朗闊達 めいろうかったつ 磊落闊達 らいらくかったつ. 「横行跋扈」の方が「横行闊歩」の意味には近いですね。

Next

芸術は「通俗」であつてはならぬが、いかほど「俗悪」であつてもよい。

Next

」 俺の班割りを見たら、何の予定も入っていなかった。 It is said that the story was created to express the sprit of a native of Edo in an exaggerated way as the author didn 't like country samurai from Saccho Satsuma Domain and Choshu Domain , who walked around like they owned the world , from the end of Edo period through until the early Meiji period. … 柴田錬三郎『嗚呼 江戸城(下)』 より引用• それは残る2つの武器を持ってきた、アルメイスの仲間 だった。