重井 興業。 【倒産】(株)重井興業(岡山)/自己破産へ 新型コロナ関連倒産

また解体後には「建物滅失登記」を行わなければなりません。 解体工事には、住宅建替えの際に行う解体工事や、アパート・マンション・ビルの解体、オフィスや店舗の内装解体などの種類があります。

記事提供 入金確認後、倒産情報をメールでご提供致します。 新型コロナウィルスの影響というと接客を伴う仕事が思い浮かびますが、工事の先送りや遅延が生じた為に売り上げが落ちていたそうです。

また、ドメイン指定受信を設定されている場合、メールが正しく届かないことがございます。

Next

建物内部のイメージやレイアウト、デザインなどを一新する手段として、ビル・マンション、店舗など様々な施設で内装解体工事が行われています。

Next

色々な形で影響が出るのですね。 内装解体業者にはアスベストや産廃の適切な取扱いが求められています。 そういった事態を避けるためにも、事前の挨拶や対策が必要になります。

Next

工事を依頼する際には、アスベストや産廃問題にきちんと取り組んでいる業者を選ぶことが重要です。 主な対応工事 建物の解体を行う前には「解体工事の届出」「電気・ガス・水道などを止める」「不要品を処分する」「浄化槽の汲み取り」「井戸の処理」などが必要となります。 ご希望の方法にてお支払い下さい 引き続き銀行振込もしくは電子(カード)決済にてお支払い下さい。

Next