澤野 大樹。 iamschool.com.tw: 瀬織津姫システムと知的存在MANAKAが近現代史と多次元ä¸

「あわわわ、あちゃーっ! せっかくこれから 無限の叡智を注ぎ込もうとしてたのに、 なんで自分で勝手に 許容量を勝手に制限してしまうのかな? 送り込むことができなくなっちゃったじゃんかよ!!」 ってなります。 今後の澤野大樹氏講演会もかなり期待できるものになるでしょう。 これを受け容れることができますか? っていう話です。

Next

中でも注目すべきなのは、米国の行方、なのではないでしょうか。 今、たとえば米国が2020大統領選によって、いろんな不正や衝撃的物証が表に出てきていますよね。

Next

その表明が純粋であるかそうでないかを。 「アラハバかれる」というのは、 このレベルのことを言っているのですよ。

Next

トランプさんたちは、人類がそのような信じられないような現実をきちんと受け容れられるかどうか、意識レベルを確認し、調整しながら開示していっているのです。

Next

澤野さん、ご多忙中のところ、ありがとうございました。 これを高慢といいます。 それは「ゴール」ではありません。

Next

頭が下がる思いでございます。 どうして己を「規定」しようとするのでしょうか? 「私」という存在、 「自分」という存在は、 ちょっと聞きかじっただけで到達できる 容易な山だったのですか? ということです。

Next