ピル ホルモン 剤。 ピル(経口避妊薬)とは? ピルの仕組みと、避妊について

07 2017. はこれにさらにエストロゲン投与を組み合わせ、ホルモンを正常の人と同様に整え直すことで治療するものです。 自然に来る「生理」と、薬による「消退出血」を分けて認識すれば、「薬のせいで生理の量が減った! 女性の心の症状• そこで、急減したエストロゲンとプロゲステロンをホルモン剤で補い、更年期障害の症状を緩和するのが「ホルモン補充療法(HRT)」です。

万一妊娠しても子宮内膜が整っていないために着床しにくくなります。 エストロゲンの量による分類、黄体ホルモンの種類による分類、配合されているホルモンパターンによる分類があり、それぞれに特徴がありますので、自分の身体に合ったピルを選ぶことができます。 できない人は服用を始めてもすぐにやめてしまうでしょう。

Next

Q6.性感染症のリスクは増加する? A6.クラミジア頸管炎のリスクを高める可能性があります。 適応外使用や、個人で海外から輸入した薬剤を使って発生した副作用は、救済の対象になりません。 自分のライフスタイルに合わせて、「産む」「産まない」を選択する権利に加えて、きちんと育てるという責任を負っているといえるでしょう。

Next

多い副作用は不正出血と更年期様症状です。 あと、注意しなければならないのは、精神安定系サプリメント「セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)」です。

Next

24 2019. 目次 []• そのため、正確には低用量ピル=ホルモン剤ではなく、ピルを更年期障害の治療などにも使うことはできません。 18 避妊目的で使用する低用量ピル(OC)、月経困難症の治療薬である低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)、更年期障害・閉経後骨粗しょう症の治療としてのホルモン補充療法(HRT)は、産婦人科領域で用いる代表的な女性ホルモンです。 1~0. 07 2018. 低用量ピルを始めるにあたり医療費がかかるものの、こうした効果を「1日1錠の服用を続けるだけ」の簡単な方法で得られるのは大変助かります。

ピルで避妊が可能になれば、妊娠への警戒が薄れてコンドームを使わないフリーセックスが蔓延する、という考え方が根強くあるためです。

これらの症状については、過度な心配は必要ありません。

Next

Q8.併用してはいけないものは? A8.併用してはいけないものは、ピルの避妊効果を減弱させるものです。

Next