じ ぎょ う。 御璽

公式令は(昭和22年)5月3日の(昭和22年第4号)により廃止され、その後これに代わるはないが、国璽・御璽の用例など公式令に定められた事項は慣例により踏襲されている。 上編 巻二』• 外部リンク [ ]• を参照。 具体的には、• 出典 [ ] []• また、帝室令(日本の皇室令に相当)・法律・勅令・国際条約の公示・予算及び予算外国庫の負担となるべき契約には、上諭を附して公布するとされたが、その上諭には親署の後、御璽を押すとされた。

Next

96cmに相当。

Next

また、大日本帝国憲法下では、これらの犯罪行為は、に処される事もあった。 110• 御璽、国璽若しくは御名を不正に使用し、又は偽造した御璽、国璽若しくは御名を使用した者も、前項と同様とする(第164条第2項)。

Next

公式令によれば、詔書・・及び勅任官の官記・免官の辞令書、爵記 ・以上の位記には親署の後、御璽を押すとされた。 において、「皇帝御璽」の印文を有するの印章。 下のでは、「」としての証である(・)と共に国璽と御璽の承継が行われる。

Next

9cm) とされていた(「天子神璽条」)。 (明治7年)4月に完成し、同年7月20日に新しい御璽・国璽の印影が回達された。 643• 第二次世界大戦後に内大臣府が廃止されると宮内省侍従職へ移され、宮内庁設置に伴いが保管し(第2条第5項、同第4条第1項)、現在は事務主管の職補佐が押印する。

Next

村上重良「御璽・国璽」『皇室辞典』、50頁• また、皇帝が地方へ出かける時は、尚書府秘書官の一人が、皮製の箱に納められた御璽・国璽を黄色いに包んで首にかけてお供をした。 満洲国での法制 [ ] 満州国では、公文程式令(康徳元年勅令第2号)に、御璽または国璽を押す場合が明文規定されていた。 および以上の位記 およびに下す(の・の・の台符など)には内印を捺印する必要があった。

公文式によれば、・勅令にはの後、御璽を押すとされた。 248• 「維新後印璽之制」『図書寮記録. 現存するの文書に残された印影から大きさは約8. 期の内印は、実用としては用いられない天子神璽に次ぐ地位にあり 、天皇大権を示すものとされて通常はおよび中務省所属のが担当していた。 参考文献 [ ]• 満洲帝国 [ ] 満洲帝国()の御璽は、縦横が9cm、高さ約8cmの少し緑がかった白玉製で、「満洲國皇帝之寶(満洲国皇帝之宝)」と刻されている。

Next

村上重良「御璽・国璽」『皇室辞典』、東京堂出版、1980年、• 法制 [ ] の辞令書(御璽が押印されている) 下では、の(明治19年勅令第1号)および(明治40年勅令第6号)に、御璽または国璽を押す場合が明文規定されていた。 による英文表記は「 」。 しかし、勲章が一度に何千人にも下賜されるようになると、大量の叙勲状(勲記)に国璽を押す必要があり、尚書府秘書官が内廷内の皇帝御居間に詰め切りとなる事態が起こったため、再度奏請を行い、毎朝、両璽(御璽及び国璽)の下げ渡しを受けて尚書府大臣室に保管し、夕方に内廷へ戻す運用に改めた。

Next