避難 所 テント 持ち込み。 益城町テント村の報告と 今後の避難所の在り方に関しての提言

・その他、救護班用のテントとプレハブの診療所がある。 その上で、災害発生時の混乱が落ち着いてきたころ、可能であれば自宅からテントを持ち出し、必要に応じて、生活空間を確保することになるでしょう。

Next

実際に今回も、ペットを連れていったものの避難所で受け入れてもらえなかったという事例もあったようです。 そのため、テントを張る場合、最初から 雨対策をしておくことが必要です。

Next

そんなときに、少しでもプライバシーを確保することができれば、大変な中でも、気持ちを落ち着かせる時間が得られるのではないでしょうか。

Next

その理由の一つには、ストレスフリーが大きく影響したのではないかと言われています。 例えば小学校では、通常活用する体育館以外に、空き教室などにも避難者を収容する方針に改めた。

Next

水の給水を受けるための、水タンク、空の水筒やペットボトルも必要です。 ペットにとって飼い主さんが世話することでストレスが軽減されるだけでなく、飼い主さんにとっても、周囲の人にとってもストレスが軽減されます。

Next

なので、自宅で一緒にいる場合には必ず一緒に避難してください。

Next