講談社 学術 文庫。 講談社文庫

』(126-127頁) 荘園担当にしろ家事担当にしろ、家令たちは会計担当者の補佐を受けて、収支や税金、生産物や財産目録など細かく帳簿を記録していて、現代とそこまで大きく変わらないことがわかる。

Next

指南書、書評の本、ブックナビ。

そこで、皆様から、多角的な視点からのアドバイスを頂ければ、 幸いです。

Next

夜明けとともに召使たちは食事の準備を始め、護衛の兵たちは野営当番たちと交替し、領主夫妻の起床を待つ。 とてもとても耳に痛い本だった。 ドストエフスキーの読者なら重要性は分かると思うが、本書はギリシャ正教の儀礼(典礼やイコン)や信仰形態(十字の切り方)について詳しい。

Next

高校時代には、商社や広告会社などしらない職業が多いと思います。 既に多く指摘されているが本書「菊と刀」は米国の戦時情報局に勤めていた著者により書かれ、終戦直後に翻訳され出版されたプロパガンダ性を帯びた本である。

Next

本書で非常に優れているのは「菊と刀」というタイトルである。 「武士道」は西欧の文学や哲学を引用して日欧の道徳的類似性を強調する内容だったのに対し、 ベネディクトの「菊と刀」は、日本の慣習や文学、言語を列挙し、日欧の異質性を強調し道徳的な劣等性を指摘するものである。

本書とその元となったレポートはGHQの占領政策にも反映されたたことであろうし、実は日本に対する歴史的な影響は非常に大きかったのかもしれない。 だから、本を読むにもやはり技術があり、その技術を使って本を精読することの大事さを気づかせてくれたという点で、とても有意義だった。 別段極楽浄土を信じているわけでもない。

Next