サントス ドゥ カルティエ。 カルティエが誇るウォッチアイコン「サントスドゥカルティエ」 | oomiya 和歌山本店ブログ

ケースサイズは35mmと41mmで、ムーブメントは自社製のCal. viewall. 交換可能. cartier. cartier. 設計は、Cal. ピンクゴールド. cartier. cartier.。

Next

util. cartier. これは当たり前だと思われがちなポイントです。 彼に贈られたサントスのオリジナルは、すでにほぼ現行に近い完成度の高いデザインを備えており、懐中時計にベルトをつけた代物とは一線を画すものでした。 また、ベゼルもブレスに向かってつながるように一体感をもたせたデザインへ変更され、素材はピンクゴールドの無垢やステンレスとのコンビモデルもラインナップに追加されました。

Next

スティール製ケース、七角形のリューズにファセットを施したシンセティックスピネル、グラデーション ブルー ダイアル、スティール製剣型針、サファイアクリスタル。

Next

cartier. cartier. 古くから、世界初や、世界最古などのキーワードは、時計にとってステータスであり、時計好事家の食指を動かす言葉です。 まず第一に、日付表示のディスクはホワイト・オン・ブラックで、ダイヤルの中ほどに見苦しい白い斑点は存在していません。 cartier. cartier. カルティエ家の記録によると、それは1904年のことだったらしい。

Next

ケースが薄いこと、そして立体感あるベゼルによってスポーティーさを得ていることが写真からも分かります。 cartier. ただし、ベゼルが固定式になった結果、風防を支える「縁」が細くなり、ベゼル自体に、パシャ C初期型のような軽いコンケーブ(これは実に好ましい)が施された。

Next

cartier. viewall. cartier. そんなお洒落なサントスを満足させるために、ルイ・カルティエは機能的でエレガントな腕時計をデザインし、1904年にサントスの手へと贈ったのです。 「革新とは、つまるところ、忍耐強い仕事の結果であり、そこには終わる余地がない」。 27142が搭載されている。

Next