葛藤 類語。 「葛藤を抱える」とは?意味や使い方を解説

ギリシャ語のジレンマは「di ふたつの 」と「lemma 前提 」という語が組み合わさった言葉であり、ふたつの選択肢の間で思い悩む状況、という意味になります。 葛藤の意味とは? それではまずは葛藤の意味について調べてみましょう。 使い方が多少難しいかもしれませんが、日常の場面で「それは囚人のジレンマだね」などとさりげなく使い、語源や使い方を説明することができればワンランク上のボキャブラリーが身につきます。

Next

女性社員の不満を解消する方向で問題を解決した方が、迷惑を受ける人数は少なくなりますね。

Next

「葛藤を抱える」の例文1 「部長は部下のどちらにリーダーを任せるかで葛藤を抱えている」 部署に同じくらいの能力の部下が2人いる時に、チームリーダーを任せるにはどちらがふさわしいか悩むものです。 要するに、目の前にふたつの選択肢があり、どちらも選ぶことができるけれど、どちらを選んでも自分にとって困った状況になってしまう、という意味が含まれています。

Next

「逡巡」の使い方 「逡巡」は主に「逡巡する」「逡巡している」と使う ぐるぐると歩き回るほど悩んでいる様子を表す「逡巡」の使い方を説明します。 そして仏教の出曜経という書物の中に葛藤の記述があります。

「葛藤を抱える」の意味2 「心の中に複数の相反する欲求や感情が湧き、どちらを選ぶかで迷い苦しみ続けていること」の意味こちらの意味は少し長いのですが 「葛藤を抱える」という言葉で見事に表現しています。 しかし、女優の斉藤由貴さんが1993年に川崎麻世さんと不倫報道があった際の記者会見で 「川崎麻世さんを男の人として好きだったという気持ちは否めない。 3 仏教用語で正道を妨げる、としての意味。

Next

幾つかの選択肢があり、どれか1つを選ばなければならないのですが、迷ってしまい悩み続けている状態を表しています。 」です。

Next

主に、動詞の「する」と組み合わせて 「逡巡する」「逡巡している」などと使います。

Next

2匹は体をくっつけて互いの温もりで温まりあおうとしますが、ぴったりくっつくとお互いの針が体に刺さり、痛くて我慢できません。