宇津 見 エリセ fgo。 宇津見エリセの正体について

同じくインドアな女性主人公で、彼女の方は始まりを思わせるタイトルに対し、エリセの方は終わりを思わせるタイトルである。

Next

英霊や反英雄にまつわる広範囲な知識。 他にも魔術使いを自称しているように、普通に市場で流通している魔術礼装による「身体強化」「物理障壁」などにも頼る。

Next

あらかじめご了承ください。 エリセの悪霊を呼び寄せる体質や名前からイザナミではないかという読者の考察がある。

Next

一体彼女はどの時点のエリセなのだろうか。 種別:対霊宝具• 「魔術使い」「正義の味方に酔っている事を指摘される」「サーヴァントを庇護しようと意地を張る所」「との関わりで真っ直ぐ育つ」など、との共通点が多く見受けられる。 2個 - - - 0. しかし、後に聖杯トーナメントに真筆に向き合うコハルに対しては、「彼女は 他の参加者と 違うのかもしれない」と感じている。

Next

「ああ、また来たんだ。

Next

ほわほわとしたトンチキイベントを経験したすぐ後に 凄惨な海洋油田に送られ、との戦いやカルデアの暗部に触れるという凄まじい経験をすることとなった。 7個 0. ただし、即死がダメージ 判定前に入る都合上、Arts全体攻撃型の宝具のメリットであるNP回収効率が安定しなくなるという不安材料が存在する。 135• これらの豹変は初めてのサーヴァントであったボイジャーが行方不明なことと、普段なら過激な言動を諫めるが居ないことが多分に影響しているようで、カルデアで召喚された際には多少は落ち着いた性格になっている。

Next