役職 一覧。 主事・主任・主査・主幹・主務・専門幹の役職はどちらが上?役割(職務)を解説します。

役職者の大半は「管理職」なのですが、ここにも微妙な問題があり、課長まではよいのですが係長になるとこれが管理職かどうかは会社ごとに事情が異なると思います。 Lead リーダー 複数人をまとめるポジションで、日本の役職ではグループリーダーなどに位置します。 仮に業務内容や資本の規模などが一緒の企業であっても、役職に関してまで全く同じになるということは、まず無いでしょう。

Next

次長 次長とは、部長と課長の間に立って、 部長の補佐的な業務を行う役職のことです。 Senior Vice President 「Senior(Exective) Vice President」とは、日本語で「 上級副社長」を意味する役職です。

経営サイドから依頼で事業部や部門のトップを担う立場の人のことです。 自社や取引先の役職者をイメージしながらこの一覧表を眺めると、何となくあの人はあの人の上かな?下かな?なんて思っていた部分がはっきりイメージできて興味深いかもしれませんね。 本部長と同様に、従業員の位置づけですが、経営者としての視点が求められます。

Next

実務的にな会社内のチームリーダー的な役割を担っており、管理職の中では最も下位に位置する役職です。 そのため執行役員はあくまでも社内での立ち位置を明確にするための肩書き・役職であると言えます。 1、社会福祉法人の組織に関して 社会福祉法人は6名以上の理事と2名以上の監事がいないといけません。

Next

課長、担当課長、専門課長 各々の独立した課の管理役であるのが、課長、担当課長、専門課長です。 つまり、役職の種類や名称などは、企業が独自に設定することができるのです。

企業の事業活動に伴って発生するさまざまな法的問題の解決を担当する。 英語名の役職から日本語での意味を把握できない場合でも、相応に上級の役職の人物であることは推察できます。 - 理事と共同して計算書類等を作成する その他、にの役員として「法人の長」が、にの役員として「理事長」「副理事長」が規定されるなど、法律ごとに上記以外の役員が存在する場合がある。

Next

主任 主任とは、次項で説明をする 一般社員のすぐ上の役職のことです。 また、 国内外で立ち位置の大きく異なる役職がある点にも注意が必要です。 自分の財産を効果的に社会貢献のために使いたい場合などに、一般財団法人を設立することがあります。

Next

地方公共団体に勤務する吏員や、各種の法人、団体において 比較的下級の正社員・正職員の職名として用いられています。 主務は、それなりの権限の有する人が与えられるケースが多く、肩書としては部長クラスのスタッフの職名として使われることが多いようです。 重要 主幹は課長補佐クラス 地方公共団体(自治体)では、課長補佐級または係長級のスタッフ職の職名として広く用いられています。