焼きなまし 法。 最適化アルゴリズム

山登り法 や特に焼きなまし において、解空間をそのまま使うのでなくこれを緩和して状態空間を作る ただし解に到達できない可能性を孕む ことは多い。 そしてイテレーションの終りの方では経路長が長くなる時に経路の交換を行う確率が低くなるようにします。 そのためには鋼を軟らかくする処理が欠かせません。

この部分は問題によっていろいろなので、あまり気にしないでください。

Next

プログラミングの第5章最適化の一部を自分なりにまとめます。 52000 27 Kobe 34. Science 220 4598 : 671—680. 相性の悪い問題 状態Aと状態A'の関係性が離れており、各状態間のスコア変化が激しい問題です。

Next

残り時間が少なくなったら、ループ回数を減らすといった安全策をとる方法もあります。 次の状態を全てコピーしたのち、1つの要素を変えています(しかもvectorで動的にメモリ確保もしてます…)。

Next

作業員はx人いて、それぞれ、1時間あたりにこなせる仕事Aのタスク数と、仕事Bのタスク数は決まっている。

Next

上のプログラムでは温度を指数関数的に減少させています。

結果に大差がつきやすいポイントです。 関連項目 [ ]• 「温度低下」により、経路の状態は下図のように動きます。

Next