ご 一読 意味。 ビジネス上での「拝読」の正しい意味と使い方についての解説

つまりこ「一読」は、「一度読む」「ざっと目を通す」という意味の言葉となります。 「ご査収」のほどお願い申し上げます。 意味は? 「ご確認の上」の言葉の意味を理解するポイントは、「~の上」の意味です。

Next

しかし、再読は何度も繰り返し読み込むことを意図している言葉です。 「ご査収」とは? しかし相手が上司や目上の人、取引先の担当者、お客様の場合は、ほかの表現方法も頭に入れておく方が無難です。

Next

「ご査収」の意味は、 「よく調べたうえで受け取ること」です。 ビジネスシーンでは頻出する用語でもあります。 詳細につきましては、添付資料をご一読くださるようお願いいたします。

Next

「ご一読」に「いただく」という謙譲語をつけて「幸い」を「お願い」という意味で使用されます。

Next

使う際は気をつけましょう。 ご多忙のところ恐れ入りますが、ご一読いただけますと幸いです• この表現も回りくどい言い方だと言えます。 お忙しいこととは存じますが「ご査収」のほどよろしくお願いいたします。

Next

「読んでください」の敬語と合わせて、「なるほど」の敬語も知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 時間を割いて読んでくれた相手に対して、「さっと読んでくれてありがとう」と伝えるのは大変失礼です。

Next

相手との関係性によっては、これくらいの表現でも構いません。 読書嫌いの方も、感動の名作と呼ばれる名著を一度読んでみてください。 ご一読ください / 資料などを一通り読んでもらいたいときに使う敬語表現。

Next

したがって、上記のような言い換えをします。

Next