土井 きり 小説。 ドリーム小説

こんなに熱出すなんて」 「昨日、学園抜け出してバイトに行って、戻ってきたら既にこの調子で…」 部屋に辿り着くなり倒れてしまったので分からない、と、悲しそうな顔で乱太郎が言う。

Next

「「「「おーっ!!!」」」」 「大丈夫かな・・・」 友一はそう呟きながら鎖鎌を持ち直した。 すぐ学園長にしらせなくては。 「同感だな」 久作は友一に同意した。

Next

翌日の放課後・・・ 食堂に来た留三郎と文次郎はうなだれている友一を見つけた。

Next

まあいいやつではない。 最初に動いたのが生物委員。 たちまちに、小さな体は雑踏の中に消えて行きます。

Next

「どうしたの?きり丸」 友一が落ち込んでいるきり丸を見てたずねた。 「もう晩御飯の時間か・・・」 乱太郎達は落ち込みながら食堂に向かった。 10時には友一の家に着き、1時には忍術学園に着いた。

Next

「三郎ただいま。 三郎次はそれそう嫌がるそぶりも見せず読書をしながら聞いていたが久作のほうは嫌気がさし、部屋を出て行ったのだ。 図書室の前では『1ヶ月で本をたくさん借りた学年』と言う発表が貼り付けられていた。

になった。 「は、はいっ! ふ、二人きりがいいですっ!」 利吉さん、身を乗り出してきちゃって。