ガトー ショコラ 意味。 ガトーショコラとブラウニーはどう違う?チョコケーキの見分け方

そんなチョコレート菓子の代表でもあるガトーショコラを上手に焼き上げるには、いくつかのポイントがあることをご紹介しました。 ガトーの意味 フランス語のガトーの意味は、「焼いた洋生菓子全体」です。

Next

バレンタインデーにプレゼントするお菓子には、実はこんな意味があったんですね!調べてみると、面白いですよね! バレンタインのガトーショコラとブラウーの違いは? 小さいお菓子を意味するプチ・ガトーに対して、大きいお菓子のことをアントルメと表現します。 特に「ガトーショコラ」については、日本ではチョコレートケーキを指す言葉として一般に使われています。 wholeはドーナツに空いた穴 hole とかけているそうです。

Next

スペイン語・ポルトガル語では猫? フランス語でガトーは焼き菓子の総称やケーキであることに対して、スペイン語では「ガトー Gato 」は雄猫のことを意味しています。 一般的にチョコレートを溶かしたものを使用したケーキになります。

Next

「ガトーセック」は乾燥した洋風菓子のことです。 そうすることで、美味しい味をキープすることができます。

Next

というわけで、フランスではガトー・オ・ショコラは焼いたチョコレート菓子やチョコレートケーキ全般をさす言葉だということです。 ブラウニー アメリカの定番チョコレート菓子です。

Next

ただ、日本でチョコレートケーキの種類名のように使われていますが、本来のフランス語では特定の種類のケーキを指す言葉ではないそうです。

Next