ガラス の 仮面 二 次 創作 小説。 仮面ライダーシリーズの二次創作が禁止となったようですがオリジナル仮面ラ...

速水さんと一緒にいる高層階の窓辺で同じような発言をしたら。 一瞬、周りを見回すと、ベッドには、初めての証が残っていて、その横には真澄がうつぶせになって寝息をたてていた。 今までなら絶対に気づかなかったことだろう。

Next

「私、どうしたらいいのか?はじめて…なので…。 後はなにを? おれを憎むマヤに、いったいおれはなにを話すというんだ? マヤは紫織さんを追いかけ、小切手を返すためにこの船に乗った。

Next

住み慣れた姫川邸を、明日には出ていくことになり、真夜中にたった一人。 「たぶん、わかっています。 それと、お連れのお嬢様でございますが、別にお部屋をご用意いたしました。

Next

「いや、心配はいらない。 だが、きみは嫌がるだろう。 日の出とともに、真澄も目を覚まし、用意をして、二人で散歩に出た。

Next

お申し付け下さればすぐにご案内できます」 さすがに、よくできた対応だ。 真澄の身体は大きくたくましく、覆いかぶさられると、マヤは抗えないと感じた。 そりゃあ、都会の夜景より、二人きりで見た特別な星空の方を好きになるでしょう。

Next

紫織はリムジンの中で、今日何度目かの深いため息をついた。