アキノ タムラソウ。 四季の山野草図鑑/アキノタムラソウ

sect. 穂状花序 総状花序 は頂生、細長く、長さ15~30. Brandegeia , S. 雄しべは2個、突き出る。 英名はlanceleaf sage , narrow-leafed sage , Rocky Mountain sage , blue sage , lambsleaf sage , sage mint , mintweed。 crenata ミヤマタムラソウ• 花の大きさや色は様々であり、長さ0. 1 アーカイブ• sect. 雄蕊は下に垂れ下がり、葯は花粉を出し終わりしおれているようです。

Next

花期は4~6月。

Next

sect. et Sav. 集合することを意味する屯(たむろ)に関係しているのではないかという意見があるようだが、よく枝分かれして意外と花序が多く付くからそうかもしれない。 7㎜、軟毛があり、まばらに黄褐色の腺がある。

Next

アキノタムラソウは、雄蕊が先に成熟する雄性先熟の植物です。 ex T. 231-232. 上唇は弓状に曲がり、三日月形、下唇は3裂し、中裂片は側裂片より大きい。

Next

塊茎をもち、温室で育てやすい。

Next

小葉は長さ約5cm。 白花品種はという。

茎上部に長い花穂をのばし、長さ約1. Notiosphace , sect. Floridae , S. 花は2唇形、長さ約3㎝。 intermedia ナツノタムラソウ• 高さ30~40㎝。

Next