梅原 龍 三郎。 梅原龍三郎

1920年(大正9年)には前年に死去したルノワールを弔問する名目で再び渡仏している。

0 ミモザ 〃 油彩・デトランプ・金、麻布 64. 3 長安街 〃 油彩(岩絵具併用)、間似合紙 72. 1957年(昭和32年)には日本芸術院会員をはじめさまざまな役職を辞し、以後は渡欧を繰り返して自由な立場から制作に励んだ。 5 裸婦 〃 パステル、紙 60. 9 洛北八瀬にて 〃 油彩、板 32. 0 純子像 〃 油彩、麻布 78. 成四はフランス文学者。

5 立裸婦 〃 〃 95. 1973年(昭和48年)、フランスコマンドール章受章。

4 高峰秀子嬢 〃 油彩、麻布 55. 0 自画像 〃 〃 16. 幸運 ( こううん ) 悲運 ( ひうん )のけじめは 勿論 ( もちろん )あるとしても、 勝 ( か )つ者が 勝 ( か )つには 必 ( かなら )ず當 然 ( ぜん )の 理 ( り )由がある。 5 ペルシア壺に薔薇 1940 グワッシュ、紙 76. 0 パリー女(ボンネット) 1909 油彩、麻布 46. それは 恐 ( おそ )らく 戰 ( たゝか )ふ者の誇と名 譽 ( よ )にかけて、または男の 意 ( い )地にかけてであつたらう。

'25土田麦僊の招きで国画創作協会に合流し、更に'28(S3)第二部「国画会」をおこし、その中心となって後進の指導にあたった。 3 大観像 〃 油彩、麻布 25. 6 静物(青磁鉢梨林檎) 1927 〃 30. 風景画主体で、華やかな色彩の中に東洋絵画の特色を生かした重厚な作風で知られ、独自の画風を確立した。 桑 ( くは )原、 桑 ( くは )原! =2=痛まし專門棋士 名人 决 ( けつ )定 戰 ( せん )の金、花田 兩 ( れう )八 段 ( だん )の 對局 ( たいきよく )、相踵いで大崎、木見 兩 ( れう )八 段 ( だん )の 對局 ( たいきよく )を 觀戰 ( くわんせん )して、 僕 ( ぼく )は 專 ( せん )門 的 ( てき )な 棋戰 ( きせん )の如何に 苦 ( くる )しく辛きものであるかをつくづく 思 ( おも )ひやつた。

Next

5 裸婦結髪図 1928 〃 59. 『梅原竜三郎画集』 アトリエ社、1926年• '44帝室技芸員、東京美術学校教授(~'52)。

Next

『梅原龍三郎版画集』 エディトリアルさあかす、1987年• 閑 ( かん )中の 余技 ( よぎ )として 樂 ( たの )しむ 僕達 ( ぼくたち )の 棋戰 ( きせん )でさへ負けては 樂 ( たの )しからず、 惡 ( あく )手を 指 ( さ )したり 讀 ( よ )みの不足で 詰 ( つ )みを 逸 ( いつ )したりした時など、 寢床 ( ねとこ )にはひつても 盤面 ( ばんめん )が 腦裡 ( のうり )に 浮 ( うか )んで來て口 惜 ( や )しさに 眠 ( ねむ )れぬ 思 ( おも )ひのする事しばしばだが、 敗 ( やぶ )れたる 專 ( せん )門 棋士 ( きし )の 胸 ( けう )中や 果 ( はた )して如何に? どんな 勝負 ( せうふ )事も 背 ( はい )後に生 活 ( くわつ ) 問題 ( もんだい )が 裏 ( うら )附けるとなれば一そう 尖鋭化 ( せんえいくわ )してくる事は明かだが、それにしても 將棋 ( せうき )がああまでも 戰 ( たゝか )はなければならぬものになつて來た事は正しく時代の 推移 ( すいい )の 然 ( しか )らしむる所であらう。 1 熱海風景 1917 〃 37. このとき白樺社同人の・・らの知遇を得た。 2 坐裸婦 1933 〃 89. 0 千代田城 1974 〃 100. 8 カンヌ 1962 油彩・デトランプ・金、麻布 110. 」 と、 僕 ( ぼく ) 早速 ( さつそく ) 呶鳴 ( どな )りはしたものの、口 邊 ( へん )には 微苦笑 ( びくせう )を 抑 ( おさ )へきれぬ 始末 ( しまつ )。