リチウム バッテリー 捨て 方。 乾電池の捨て方|リチウムやボタン型、充電池で処分方法は違う?

乾電池を捨てるときや回収ボックスに出すときは、 必ず「絶縁」処理をしてからにしてください。 処分時の注意点 バッテリーを処分するときは、以下の点をこころがけましょう。

Next

このガス発生により、リポバッテリーの膨張が起こります。 一次電池 一次電池は充電池とは逆に、電池が切れてしまえばあとは捨てるしかない電池のことです。 決して燃えるゴミや不燃コミとして捨てないでください。

Next

蓄電池や充電式電池ともいわれ、1次電池と違い充電を行えば何回でも使用が可能です。 モバイルバッテリーや携帯・スマートフォンのバッテリーの最適な交換時期を見分けるには、使用感で判断する他ありません。 実は、ある方法を試すだけで一瞬にして使用済みか新品かを見分けることができるんです! その方法とは、 「乾電池を縦に落とす」です。

Next

液漏れが起きると、電化製品の故障の原因となります。 このマークがあることを確認しましょう。

Next

この内、自治体で乾電池を分別されている場合は、野村興産 株 等で処理・リサイクルされています。 その他の機器 モバイルバッテリーやスマートフォン以外の機器は、小型家電の処分方法と同じです。

Next

万が一のことを考えて保存場所を選んでください。 使えないバッテリーは以下の方法で処分しましょう。 電池を処分するときの基本 電池を処分するときには、まず初めに 種類ごとに電池を分別しましょう。