朝 ヨガ ベッド。 朝ヨガの効果とおすすめポーズ

息を吐きながら、下半身を左へねじって右足を倒します 4. 右足を左足にかけ、左足も曲げる• 今朝も朝ヨガから始まった一日。

Next

まずは ほんの少し早く起きて、5分程度のヨガからはじめると継続しやすいです。 左足のつま先は45度斜めに向け、両足の踵が一直線になるようにする• 朝の家事などのあれこれを終えて落ち着いた時間外の方が体は動きやすくなっているでしょう。 痛みがない方は、指全体をぎゅっと掴んで反らせると、圧で結構も良くなります。

・すっきりとする 眠っているあいだに優位になっている副交感神経が、朝ヨガを行うことで交感神経への切り替えがスムーズに行われます。 朝ヨガで期待できる効果 朝ヨガをやるタイミングは? 朝ヨガをやるタイミングは、目覚めた直後のベッドの上でもOKです。 朝ヨガを行うことで、消化・排泄器官を刺激するため、便秘に悩む人にもおすすめです。

5 この状態から元に戻し、一連の動作を繰り返します。

Next

どうしても緊張状態にある腰や背中をしっかり伸ばし、刺激を与えてあげることで、神経も整ってきます。 代謝が良くなる• 上手に自分の体をヨガで目覚めさせれば、最高の一日をすごすこともできますね!• その他にも、朝の目覚めに最適な「朝ヨガ」の実践方法は以下でも詳しく解説しています。

また、ご飯を食べた直後は避け、食後2時間くらいあけて行うようにしてくださいね。 背もたれに寄りかからないように腰を立て座ったら、右足を上にして足を組み、右手はうしろへ(背もたれを持ってもOK)。

Next

基本は両足のかかとを合わせるのですが、膝が浮いてしまい背中が伸びない人は太ももの下にブランケットなどを置きましょう。 息を吐きながら、肩や首はできる限りリラックスした状態で手を前方に滑らせて体を倒していきます 3. 正座をしたら、骨盤の真上に頭がくるように姿勢を整えます 2. (余裕があれば顔も右側に)。

Next