小説 の 中 の 悪女 皇帝。 小説の中の悪女皇帝になった|33話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】│コミカフェ

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。 そしてつぐみは、テントの中にあるソファに座ると『またクズ皇帝になる時間か…』とモードを切り替えます。 しかしシリル(ベヌースのこと)さっきのように私を試すような態度はそろそろやめてもいい頃ではないのか?」 いつまでも試されては効率が悪く、それにベヌース事態、効率が悪いことが嫌いなことを考えての提案でした。

ユリアは横目にユーストをちらりと見ると、その腕をギュッと掴みました。 ユーストは驚いたような安心したような、気の抜けた顔でユリアを見返すのでした。 ユーストのように、ユリアを見下ろして正面からネックレスをつけるなどという所作は簡単ではありません。

Next

よっぽどの度胸がないと無理よね・・・ フェーズ公爵の勢力は強大すぎて皇帝にも図々しく男共を使い監視するほどだったから。

Next

役者が整う 一台の馬車がスチェータ男爵の城に到着したようです。 とはいえこの空気の中、あんな風に断られるとは、つぐみは予想できなかったでしょうね。

Next

「フレーナには負けますが、ボクも陛下の侍従としてしっかり学びましたから」 戸惑うユリアをよそに、髪をとかすブラシを手にしたフェリックスは張り切った様子です。 ぜひチェックしてみてください!. スチェータは「ではさっそく参りましょう!馬車も準備できております!」と目を輝かせながらつぐみを案内します。

Next

「その……彼らが自ら志願しました。 小説の通りならユリアの没後、戦争を引き起こし続けた王国です。 」とつぐみが切り出ます。