矢作 俊彦。 【12/14】矢作俊彦さんの忘年会。

うげっ、何だそりゃ? だいたい、そんな兄貴がいれば、自分には優しい兄でも、うちの兄はなんだかよくわからないとか不安に思うのが普通の子供の感覚じゃないのか、それに兄への慕情が30年後までまったく持続してるというのも、少々お話にしてはきれい事過ぎる。 この義父は、主人公が下放先の村に着いた日、日本人だからという理由で村人に睨まれて以来、主人公に好意的態度を示して擁護し続ける。

Next

矢作 敗戦後、アメリカ映画が解禁されて、多感な時期にアメリカの文化政策として、映画がばんばん来たわけですね。 とくに『海を見ていた午後』がここに出てくるのが、僕にはすごくわかってしまう。

Next

『引擎 engine』新潮社(2011年)のち文庫 2015• 終盤、パトカーとのカーチェイスを描写したシーンには、手に汗を握ることでしょう。

Next

そのあたりから、すでにこの作品は歴史小説なのだと主張しています。

Next

テレビを観て,少しだけ早めに眠る。 一位はゲーリー・クーパーの〇・五秒で、二位がアラン・ラッドの〇・六秒だった。 今まで三十年間、それを餌にして、ぼくを小僧扱いしてきたというのに……。

Next

あれができるのは、日本では俺だけだと思ったんだよ。 『心はいつも荒野』講談社文庫 2001• 『絶望からの銃弾』大陸ノベルス 1989• そんな中、「世の中にはまだ貧しい人もいるのに、俺は親の金で大学に通ってて、これでいいのか」という思いから、例えば成田空港建設反対の三里塚闘争のように、農民に肩入れしたり、同じように文明国アメリカよりアジアのベトナムに同情共感する人間が多かった、という面があったと思う。

読んでいると,ただただ振り回されている感じがする。 そのポルシェを共有していたマイク・ハマーたち仲間5人はその死をいぶかしむのです。

1977年には初の長編『マイクハマーへ伝言』を刊行。 開局当時の横浜エフエムでAgainというゲストを交えてのトーク番組を担当していた。