逢魔 時。 Vector: 逢魔時

得体のしれない妖怪で、家主はその姿に気づかないのです。 「彼は誰時(かはたれとき)」 「彼は誰時(かはたれとき)」とは日没後に周囲が暗くなり、目の前の人が誰かわからなくなる時間のことです。

それは『彼誰(かれたれ)』という類語です。

また、その他の類語として、カタカナ語では日が沈む夕暮れ時を表す「サンセット」、詩や比喩表現に使われる「桑楡(そうゆ)」は夕方や夕日、また人生における晩年、生涯の終わりの時期を指す類語となります。 そして「私、きれい?」と追いかけてきます。

Next

なろう、カクヨム、ノベルアップで今日も書籍化を夢見ながら絶対に書籍化しない駄文を執筆中。

Next

古くから夕暮れというのは、太陽のある昼と太陽のない夜の切り替わるポイントでもあり、現世と常世(あの世)の境界ともされていました。

I've been working from dawn to dusk. 逢魔が時は、不吉な薄暗い時間であるため注意してくださいというような意味合いで使われていたといわれています。

Next

「鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集」には、江戸時代の浮世絵師が描いた「逢魔時」が収録されています。

Next