ナウシカ キツネリス。 風の谷のナウシカの登場人物

「風の谷のナウシカ」で主人公・ナウシカが「テト」と名付けた動物です。 その場面は原作版「風の谷のナウシカ」の 最終巻でのこと。 その実態はシュワの墓所の地下最深部に存在する球形の肉塊。

Next

ナウシカやチククとの出会いにより国土や国民を大海嘯から救おうとする。

最初のシーンで 「こいつが羽虫にさらわれたのを 人の子と間違えてな」 というテトを救出した時のことを話す ユパのセリフがありますが この「羽虫」も中国語では「大王蜻蜒」 と訳されていました。 土鬼語を話せるものの上手くは無く、ムズからは「毛長牛が唸っているのかと思った」と言われている。

Next

苗字は無く自身を「風の谷の(ジルの子)ナウシカ」と名乗っている。 彼女はテトの死を報いるため、地上に見つけた数少ない緑の樹々がある場所を見つけてお墓を作りました。

Next

「」も参照 庭園の主( 原|英: Master of the Garden) シュワから20リーグ ほど離れた廃墟に偽装された集落に住むヒドラ。 原作、脚本、監督を宮崎駿監督が務め、高畑勲監督が初めてプロデューサーを担当しました。 人々が敵だと認識している、 腐海や腐海を守る蟲(むし)に対しても同様の態度なのです。

Next

『 風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、宮崎駿による日本の漫画作品。

Next

。 その動物の名前は「 テト」といってナウシカが名付けました。

劇場版でも同様にクシャナの側近として登場。 今際の際のヴ王より、クシャナへの王位譲渡の証人に指名される。

Next