品行 方正 類語。 「品行方正」とは?意味や使い方をご紹介

具体的には、ビジネスシーンにおける配慮や、人間関係を円滑に進めるための礼儀作法として、新入社員が入社前や入社時にビジネスマナー研修として受講するメニューが複数あります。 似てはいますが微妙に意味が違います。

Next

「 英語」=「a few words」「a single word」 ということでした。 関連: まとめ 以上、内容を簡単にまとめると、 「 片言隻語」= ほんのちょっとした言葉。 ただし、ビジネスシーンにおいて容姿のようなセンシティブな話題は避けた方が無難であるため、容姿以外の仕事ぶりや知性などを褒める際に使える四字熟語の方が実用性が高いかもしれません。

Next

2つとも、まさに品行方正とは真逆の言葉ですね。 あなたは、今の職場に不満を感じているからこそ、「転職先の内情」をしっかり知ったうえで転職したいと考えているのではないでしょうか? 実際に転職するかどうかは置いておいて、今の職場をほかの職場と比較してみることで、あなたが本当に満足できる仕事を見つけることができるでしょう。 「品行方正 ひんこうほうせい 」 「品行」を用いた言葉に、「品行方正」という四字熟語があります。

Next

「品行方正な人」「品行方正に生きる」などといった使い方ができますが、一方で「品行方正=真面目過ぎてつまらない」というニュアンスで用いられることもあるようです。 「品行方正」の英語• 「清廉潔白な人物」「清廉潔白の身」「清廉潔白なイメージ」「清廉潔白な人生」といったように使います。

【関連記事】 「品行方正」の対義語 では反対の意味を示す言葉はどうでしょう。 社長の挨拶は常に短い。 (24)名正言順:指名分正當,說話順理成章。

Next

また、「礼儀正しく思いやりのある」という意味を持つ「courteous」を使って、「品行方正」のニュアンスを出すこともできるでしょう。 「品行方正であるよう、日々心がけたい。 「転職すると給料が下がる」• 「品行方正」と「清廉潔白」との違い• 今の会社を辞めるための退職手続きや保険関係の手続きをおこなう これだけ見ても、かなり大変であることがわかりますよね。

こちらはカタカナ語と異なる意味ですので、使うときには注意しましょう。 「品行方正」とは「品行」と「方正」という2つの熟語が連なった構成です。 日本では、おもてなしや接遇の意味で使われますが、「おもてなし」の語源は「ものをもって成し遂げる(もって成す)」「表裏なし」と言われています。

Next

意見または判断において正しい の意• 「ひんぎょうほうせい」と読むのは誤りです。 「釣り場」「漁業権」という意味もあります。

Next