鬼平 犯 科 帳 中村 吉右衛門。 第4回 鬼平深読み帳【4人の鬼平俳優】

金谷の久七 -• 堂ヶ原の忠兵衛 -• 近江の助治郎 -• 鞘師長三郎 -• お玉 -• 富田幸 -• フジテレビ本放映当時と同じ提供バック(静止画)と音楽、「鬼平犯科帳 =終=」のエンド静止画もBSフジでは使われている。 新助 -• 1955年、『』を古書店で入手する。

文六 -• 平蔵が久栄を妻に迎えるに至ったいきさつと結婚初夜の情景が原作本『鬼平犯科帳3』(文春文庫)に書かれてあります。 制作協力:• 妙義の團右衛門 -• 沼田大七 -• 五鉄の亭主・三次郎:(藤巻は、萬屋版で小房の粂八を演じている)• 壷屋菊右衛門 -• 「」に連載された。 第11話「四度目の女房」(原作:『にっぽん怪盗伝』)(1991年1月30日)(視聴率16. おもん -• 第3話「蛇の眼」(原作:「座頭と猿」「蛇の眼」)(1989年7月26日)(視聴率15. 乙斐の文助 -• 不破の惣七 -• 盗人が小金稼ぎのために行うことが多いが、本格の盗人からは軽蔑される行為である。

Next

2017年1月5日閲覧。 第8話「盗賊二筋道」(1990年12月5日)(視聴率17. おかね -• 第5話「五年目の客」(1990年11月14日)(視聴率16. 第7話「谷中いろは茶屋」(1992年2月5日)(視聴率14. およね -• 与惣松 -• 伊之松 -• 留吉 -• 猫鳥の伝五郎 -• おまさは、足を洗ったとはいえ盗賊の娘であり、長じて自分も盗賊の仲間に身を置いていた不憫な女である。

井関録之助 -• 第2話「本所・櫻屋敷」(1989年7月19日)(視聴率14. 彦次郎 -• 独り働き 盗賊団に属さず、一人で盗み働きを行う者のこと。 大島の治兵衛 -• の久保田の死去により、「コミック乱」5月号掲載分が久保田による最後の脚色作品となった。

Next

第8話「鬼坊主の女」(原作:「にっぽん怪盗伝」)(1993年2月10日)(視聴率15. おふさ -• 概ねは協力者の作ったアジトとなる。

多加 -• 文吉 -• (2006年2月17日)(視聴率18. お弓 -• 袖巻の半七 -• 第18話「浅草・御厩河岸」(1989年12月13日)(視聴率16. S(東宝映像サウンドスタジオ)(第2シリーズ)、映広音響(第3シリーズ)• 政 -• おすみ -• 吉住の紋蔵 -• 白玉屋紋蔵 -• 沼目の太四郎 -• 与市 -• 弥太郎 -• 同心:中村吉弥(第7シリーズ〜)• 宗円 -• お葉:(第3シリーズ)• (電子番組表EPG上では16:9 1125iの表記があるが、実際は4:3 525iである)また「次回予告」は付属しない。

Next

第18話「下段の剣」(1991年3月20日)(視聴率16. 第1話「おみね徳次郎」(1990年10月17日)(視聴率17. おとせ -• 磯部の万吉 -• 次の丹波哲郎はTV局からプロデューサーに持ち込まれたキャスティングだった。