マインスイーパ。 Pythonで「マインスイーパー」を開発

cget "relief"! をクリックすると、インストールされているすべてのアプリケーションを含むページが表示されます。

そのマス目を一回だけクリックすると目印としてチェックをつけることができます。

Next

マインスイーパーアプリのスクリプト ここまで解説してきた「マインスイーパーアプリの作り方」を踏まえたマインスイーパーアプリのスクリプトの全体は下記のようになります。 bind "", self. Label (Label クラスのコンストラクタ)を実行することで、「横方向のマスの数 x 縦方向のマスの数」個分のラベルを作成しています。 ?マーク: 地雷の有無が不確かなマスに?マークを付けることができる機能です。

Next

また、マスを右クリックすることで旗を立てることができます。 または Microsoft Solitaire Collection から [Microsoft Minesweeper] をクリックします。

Next

「h」でヒントを得る。 cget "relief"! cget "relief"! SUNKEN 開いたマス数をカウントアップ self. Label 実行時に下記を指定することで作成するラベルの設定を行なっています。 (もう一度クリックするとチェックを外せます) 上記のようにチェックが付いた状態にして、赤丸で囲った部分に注目すると1と書いていますが、既に爆弾のチェックが一つ入っているので、赤丸の左上の青いマス目は爆弾ではないはずです。

Next

そこでようやくで作成したリスト( self. ですので、下記により label が右クリックされたラベルウィジェットを参照することになります。 また、 bind メソッドの第1引数に "" を指定することで、ラベルが「右クリック」された時に第2引数に指定した関数・メソッドが実行されるように設定できます。 この2次元的に配置されたマスの中に、地雷が埋められています。

。 マスの実体はラベルウィジェットなので、旗を立てる際にはラベルウィジェットに表示する表示文字列( text)に設定してやれば良いだけになります。

Next

毎回同じ位置に地雷があるとゲーム性が低いので、ランダムに配置する位置を決定するのが良いと思います。

Next