チャイナ シンドローム。 チャイナ・シンドローム|MOVIE WALKER PRESS

In dry sand ahot sphere of about 100 feet in diameter might form and persist for a decade. やはり、ポンプの一つにもれがあった。

Next

しかし、その頃、何者とも知れぬ者たちが動き出し、まずX線写真をとりに行ったヘクターが車ごと崖下に突き落とされ、ジャックも彼らの追跡をうけ、命をねらわれた。 その俗称がチャイナシンドローム(中国症候群)であり、放射性物質が外に漏れ出す重大な原子力事故のひとつである。

Next

E11)。 実際に原発事故でメルトダウンが起きたとしても、実際には核燃料が地球の裏側まで到達するようなことは起こらず 、またアメリカ合衆国から見た地球の裏側()が中国というのも正しくないが 、劇中に登場した「チャイナ・シンドローム」という用語は映画の公開を通じ、メルトスルーを意味する用語として一般にも広がることになった。 もし、そんなことになったら、その映像が中国側のメディアに良いように使われるだけである。

Next

このメルトダウンした汚染物質が地球の反対側( 中国人にとっても、おそらく「地球の反対側はアメリカ」という意識であろう)に達する日は、そう遠くないであろう。 その意味で、『チャイナ・シンドローム』は正解だった。 臨界状態になるとさらに大量の熱・放射線が放出され、事態がより悪化してしまうため、吸収材(など)などの投入によって再臨界の防止を図る。

Next

1971, p. 公開から12日後にスリーマイル島原子力発電所事故が起きたこともあって、映画は大ヒットし、「…シンドローム」という流行語が多数生まれた。 Atomic Energy Commission. この映画のみ出演した。

Next

もちろん、地理上は米国の裏側は中国ではないし、地球を貫くようなことは現実には起こらず、ジョークの一種である。 ゴデルは、証拠の資料を受け取ったマスコミ側の人間が自動車事故に遭ったことを知らされ、原発管理者側が本気で阻止に来ていること、自分もまた狙われていることを悟る。