専修 大学 神田 キャンパス アクセス。 神田キャンパス|専修大学

10号館に係る「神田神保町カルチェラタン」のキーワードは、森、水、そしてカフェである。

そのほかに、経理課、募金局、校友会(同窓会)事務局、育友会(保護者会)の各部署、国際会議室等が入る。 700人収容で、普段は大人数での講義等で使われているが、講演会や演奏会、シンポジウム等にも利用されることがある。 校舎全体をラーニング・コモンズにしている。

Next

つまり、日本語による専門教育を展開することにより、近代国民国家の屋台骨を支える人材を幅広く育成しようとしたのであります。 その中にシンボルツリーとなる桜を植樹し、神田神保町界隈での桜の起点とした。 「神田神保町カルチェラタン」創造の拠点としての10号館 10号館は、教育・研究面で機能するに止まらず、本学が神田神保町という街との共存を図り、その発展に資するための拠点とする。

Next

地下1階ではあるが半地下構造の場に、テラス席が設けられている。 セミナーハウス・研修館• 移転当時の正門は、黒渋で塗られた冠木門だったが、明治40年の校舎改築により姿を消した。

Next

9階 - 13階が教員の研究室スペースで、受付は10階にある。

Next

開放的な空間が広がる「グローバルフロア」。

Next

・2か3年次からゼミが始まりそこでの仲間との思いでが神田のいい思い出 基本的に遊ぶのはサークルメンバーとが多くなるので神田から生田方面に向かうのは大変だけど法学部のサークルメンバーがいれば気は楽になる。 ここには黒門だけでなく、右隣りに創立者のプロフィールなどもあるので近くに来られた折などに立ち寄ってみては如何でしょう。

Next