トトロ 狭山 事件。 となりのトトロの都市伝説!狭山事件との超怖い共通点とは?

「七国山病院」のモデルになったのは、当時「東洋一のサナトリウム」と呼ばれていた東京都東村山市の「保生園」で、そのことは宮崎監督も朝日新聞のインタビューに対してはっきり答えています。

Next

ここまでは、ただの偶然程度で片付くかもしれない。 となりのトトロでもお母さんが入院していますので、これも被ります。 ・母親のセリフ「今そこでサツキとメイが笑っていた気がする」。

Next

からの続き。

Next

それはトトロというオバケで、メイが後をつけると森の奥では、さらに大きなトトロが眠っていた。 ・錯乱状態に陥った姉が「猫のお化けを見た」「大きな狸に会った」などの謎の言葉を発した、という情報も後から付け加えられたもので信憑性は薄いようです。 ・サツキは最初トトロが見えない。

Next

「原作がある」説はこのへんと混同したのではないか。 (次姉)の生活には発展もなければ何の信念も考えもない。

Next

・この話(トトロ)はお父さんの『生きていればこうであって欲しかった』という想像上の話。 そして、 「メイ」は英語で5月を意味し、 「サツキ」は日本語で5月のことを表している。

が、これは、狭山事件の被害者の姉ではなく、違う事件の被害者の姉の話であるという説が濃厚です。 今回は少し(いや、かなり)重たい話題となります。

Next

ちなみにメイは最初のほうからトトロが見えていたものの。 たぶんあなたには 異常に腹立つことしか書いてないだろうからの。 しかし逆にそれが、単なるファンタジー作品と一線を画し、長年多くの人々から愛され続けているのかもしれませんね。

Next